2008年09月14日

銀の翼 雪囲い貯蔵酒 純米吟醸

新潟地酒のお取り寄せ「酒の新茶屋」からお届けする最新地酒情報


tubasa-yuki.jpg


 室温2度C、湿度約93%で一定している雪室。
※雪室とは雪で囲った部屋「ゆきむろ」と読みます。

その中で半年間じっくりと熟成させた雪国ならではの夏の旬を代表するお酒をご紹介いたします。

お酒は柏崎市の蔵元「原酒造」の地元限定の特約店のみの販売の
「銀の翼 純米吟醸」。

通常「雪中貯蔵酒」と呼ばれて夏に先駆けて各蔵元から発売されますが3月頃から6月頃までの貯蔵期間が多いのですが
「銀の翼 雪囲い貯蔵酒 純米吟醸」は8月下旬までたっぷりと半年の間雪の中で貯蔵されています。
その半年間で、新酒の荒さを丸くしてその味わいをより深いものへと参加させています。

 その雪室は柏崎市郊外の鵜川にあるのですが
この鵜川には国の重要無形文化財「綾子舞」のふるさととしても知られるところです。

年に一度の季節の味をどうぞ!


・原料米:契約栽培米たかね錦100%
・精米歩合:麹米50% 掛米60%
・アルコール分:16度以上17度未満
・日本酒度:+3

銀の翼 雪囲い貯蔵酒 純米吟醸 
9月12日入荷いたしました!
720ml 2100円(税込) 数量および地域限定酒


ご注文またはお問い合わせは
フリー電話0120-980-885
または
メール kura@oumigawa.com へどうぞ
posted by 夢女将 at 16:18| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。