2006年08月11日

幻の酒米「亀の尾」好調に生育中!!

kameno.jpg
 日本酒ファンなら一度は必ず読んだ漫画「夏子の酒」。
その物語にはモデルの蔵元があります。
その蔵元は新潟県長岡市にある久須美酒造。
僅かにのこった幻の酒米の復活を実現させた感動の物語は、そのまま主人公が違うだけで真実のストーリーです。
 その酒米の名は「亀の尾」。今、その亀の尾が夏の終わりの頃の実りの季節を待っています。
 昨日蔵元の営業さん(亀の尾を自ら育てています)が来られて、今年は長雨のために、かえって背丈の伸びが抑えられて最高の出来が期待できると嬉しそうに話していました。
 写真はその生育中の「亀の尾」画面奥が久須美酒造。
秋の刈り入れの頃が楽しみ!この米で来年も良い酒が醸せそうですね。


posted by 夢女将 at 02:35| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。