2006年09月03日

秋の夜長はゆったり酒「越の白鳥 吟醸」

hakutyou.jpg すっかり朝晩は秋の気配です。夜ともなれば草むらで虫に合唱がうるさいほど・・・皆様の地方はどうですか?
 少しずつ夜が長くなり、落ち着いて読書やDVD映画鑑賞など楽しめる季節になります。
 そんな時にはゆったり日本酒ですね。
吟醸 越の白鳥」は酒の新茶屋から車で約30分の上越市山間部の小さな酒蔵の極少量づくり数量限定のこだわりの酒です。
 当店のオリジナル酒 純米吟醸 青海川に、山田錦40%精米の大吟醸をブレンドしてあります。豊なな味わいで咽喉元を滑らかに潤していく呑み心地は料理との相性抜群です。冷やしてどうぞ。
 アルコール度数:15.5% 日本酒度:+2 
 醸造元:第一酒造梶@上越市浦川原区
 価格:720ml  1,700円

※20才未満の方へのお酒の販売はいたしません。
 
 
ラベル:日本酒 吟醸
posted by 夢女将 at 12:58| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大地の芸術祭 十日町市願入「うぶすなの家」
Excerpt:  このところ朝晩温度が20度を割ることさえあるようになりました。 うるさいほどの夜の虫の合唱はすでにもう「秋」です。  秋は日本酒が一段と美味しい季節。そして、芸術の秋です。 妻有地方の大地の芸..
Weblog: 青海川夢物語
Tracked: 2006-09-03 12:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。