2006年09月15日

純米大吟醸の「ワンカップ」で乾杯!

turudaicp.jpg
 ワンカップが人気になっています。以前はワンカップといえば「呑んべの親父」のイメージが強かったですよね。
 ところが、昨年来のワンカップブームでちょっと事情が変わってきています。ワンカップという手軽さが今若い年代の日本酒ファンに新しい飲み方を提案しているようです。
 ワンカップは今まで清酒やせいぜい本醸造くらいでしたが、最近は驚くほど種類もレベルも高いお酒が増えています。
 特にラベルもユニークなものがあったり、中にはワンカップで日本酒制覇なんてツワモノもいるようです。
 ラベルといえば越後鶴亀の蔵元、上原酒造鰍ウんのラベルは芸術といえる作品です。飲んでよし!並べてよし!酒の新茶屋の商品棚に並ぶ数多いワンカップコーナーでもひときわ目立っています。
 このラベルも一色でシンプルな仕上がりながら実に質の高い深みのあるデザインで私の好みです。
 お酒は精米歩合40%の純米大吟醸!ちょっと嬉しく目出度い日なら、純米大吟醸ワンカップで乾杯!なんて贅沢もいいですね。
 純米大吟醸 越後鶴亀 180ml 830円
 アルコール度数:16度以上17度未満の辛口です。

※20歳未満の方はお酒の注文は出来ません。
posted by 夢女将 at 22:04| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

佐渡の見える日本海に秋の気配が・・・
Excerpt:  先日からどこからか紛れ込んできた秋虫が家の中で美しい音色を響かせています。 今日は青く澄んだ高い空!ちょっと深味のある濃い藍色の日本海が天地を分けて美しいコントラストを描いていました。  そのう..
Weblog: 青海川夢物語
Tracked: 2006-09-15 22:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。