2008年03月30日

特区酒という珍しい限定300本の大吟醸

s-IMG_4128.jpg


 数年前、「特区」という耳新しい言葉が生まれました。
そのころ農業特区として始動したのがファーストファームでした。

 そこで生まれた酒米「越淡麗」を100%使用して
さらにそのコメの6割まで削って精米歩合40%で醸された
究極の大吟醸の生原酒です。
 
 大吟醸生原酒「特区酒」は上越市浦川原区の新潟第一酒造で限定わずか300本だけ醸造されました。

やや辛口。720ml 3000円

すっきりとした味の中に生原酒ならではの深い味わいが特徴です。
ラベル:日本酒
posted by 夢女将 at 21:25| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。