2006年08月08日

佐渡島から「金鶴」純米吟醸生酒入荷!

IMG_1142[1].jpg
 佐渡からクール便で届いた生酒です。
 蔵元は加藤酒造店(佐渡市)小さな酒蔵ですが、旨い佐渡の水と米で手造り手法の穏やかな味が魅力です。
 純米吟醸生「金鶴」は、3月に仕込まれたお酒を3度Cで貯蔵。それを夏季限定で発売します。酒の新茶屋では、この夏初登場です。
 アルコール度数:16から17度 精米歩合:55% 
 720ml 1,470円(発送の場合はクール便利用です)

posted by 夢女将 at 21:17| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏限定販売の「特別純米 雪中梅」

yuki .jpg
 淡麗辛口といわれる新潟の地酒の中でも、甘口酒で全国に知られている地酒といえば「雪中梅」でしょう。
 決して生産数を増やさず、華美に走らず、じっくりと地元を中心に販売を続けている蔵元の姿勢はそのお酒の素直な咽喉越しに現れています。
 お酒の種類も昔からある清酒と本醸造。それに夏と冬に限定で販売される特別本醸造と特別純米酒のみです。(他に吟醸もあるのですが、これは極々少量の為一般にはほとんど出回りません。)
 夏限定で販売されるこの「特別純米 雪中梅」は、山田錦と五百万石を使用して、精白55%。日本酒度−4の甘口。
 なにより驚きなのはその粕歩合。普通全国平均25%くらいのがこのお酒では40%近くが酒粕になります。
 一口含んでその違いはすぐに判ります。
日本酒はどうもね・・・そんな方へ一度は呑んで見ていただきたいお酒です。
酒の新茶屋では只今試飲もできます。
※ただし、お車運転の方、未成年の方への試飲は硬くお断りしております
posted by 夢女将 at 11:15| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

地場特産「刈羽桃」のフルーツワイン入荷

IMG_1139[1].jpg
 夏のフルーツといえば「桃」ですね。
酒の新茶屋には地元ワイナリー・柏崎ぶどう村から
地場産刈羽桃」フルーツワインが入荷しました。
 良質は桃から醸しだした身体に優しいフルーツワイン。
夏の疲れた身体にも嬉しいですね。食前食後に飲みやすいワインです。
地元刈羽村で収穫した白桃から作りました。
アルコール度数も少なめなのでとっても気軽に楽しめます。
 夏の帰省のお客様には特に人気。今年は生産数がいつもより少なめです。
本数に限りがありますのでご希望の方はお早めにご予約ください。
アルコール度数:7.3% 価格 720ml 1,297円
posted by 夢女将 at 01:10| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

えっ!!終売ですか?フラスコのお酒

furasuko.jpg
今朝、一枚のファックスが・・・
昨年佐渡島へ行った折に訪ねた「金鶴」加藤酒造店からです。
佐渡産の米で仕込んだふくよかな味の純米酒「風和(かぜやわらか)」のフラスコ入りの諸般の事情でなくなるとのこと。
 本物の実験用のフラスコに入っていて、面白好きの日本酒ファンには一番目に留まるお酒です。
 私はフラスコに、先日松島へ旅行した時に素敵な喫茶店のオーナーからいただいたドライフラワーを入れて楽しんでいます。
 と、いうことはこのフラスコ入りはあと当店には残り数本しかありません。気になる方はお早めにお問合せください。

 
posted by 夢女将 at 11:44| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

夏限定で木桝サービス中!

 hakutyou 022.jpg
 これから各地方では旧のお盆シーズン。
ふるさとでは帰省の家族が集う楽しい時でもあります。
そんなときはやっぱりお酒。
夏はビール!ばかりではありません。
日本酒だってキュッと冷やして呑んだらコレもまたいいですよ。
日本酒党が集まるなら、新潟の地酒を呑み比べできる
一升瓶の6本セットはとっても重宝しますよ。
 清泉、八海山、雪中梅、鮎正宗、越乃白銀は新潟県内限定販売のお酒、当店オリジナルの純米吟醸「青海川」と、さらに特別に木桝一個付きで11,700円の特別限定セット価格です。
期間は8月18日まで。
タグ:新潟の地酒
posted by 夢女将 at 17:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

純米大吟醸のワンカップ?

IMG_1127[1].jpg
 夏の日本酒はヤッパリ少し冷やして呑むのがいいですね。
ですが、冷蔵庫は夏の間いつも超満員。
4合瓶はもちろん一升瓶など入る余地もありません。
 そんな時に便利なのが、このところ人気のワンカップ。
これならビールと同じようにチョット冷やして置けますyよ。
 酒の新茶屋では新潟県内各地のワンカップが揃っています。
ご覧下さい。中にはなんと純米大吟醸のワンカップも!
こうしてワンカップが並ぶとラベルもちょっと気になりますね。
越後鶴亀のラベルは横尾忠則デザイン。のんだあともラベルをミニフレームにいれて飾るのも一興です。
 ワンカップの地方発送もOKです。
もちろん、お気に入りを自由に選ぶこともできます。
posted by 夢女将 at 18:21| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

日本酒ヴィンテージ熟成中

 ワインでもてはやされるヴィンテージもの。
では、日本酒のヴィンテージは?
 日本酒の原料はお米ですから、ワインの葡萄のようにその年の作柄などで大きく出来不出来が評価されることはあまりありません。
 そのために、あまり日本酒の熟成酒についての話は聞かれることはありませんですが、その味に奥深さをしったらファンになること請け合いです。
 勿論日本酒は防腐剤などの添加物が一切ありませんから長期の貯蔵の場合はそれなりにしっかり管理が必要です。
 酒の新茶屋では、そんな熟成酒を楽しんでいただきたいと「美蔵」が活躍しております。
 お客様からお買い上げのお酒をそのまま「美蔵」にて長期お預かりもしております。
 先日お預かりさせていただいたお酒は、当店オリジナルの「純米吟醸 青海川」(新潟第一酒造梶@720ml 1,500円)
そのラベルにはお客様のメッセージが・・・
「再び 青海川へ」
bikura2.jpg
posted by 夢女将 at 10:24| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

本日より「酒の新茶屋」ブログ店!開店

 始めまして!!「酒の新茶屋」の夢女将でございます。
 新潟県柏崎市国道8号線沿い米山大橋の入口にある当店は、初めての方は必ず一度は通素通りしてしまうほど小さな酒屋でございます。
 そんなハンデを乗り越えて、〜新潟の地酒一筋〜一生懸命商いをさせていただいております。
 bikura_k.jpg写真は当店自慢の地酒貯蔵蔵「美蔵(びっくら)」。
旬の地酒は勿論、美蔵貯蔵の秘蔵酒のご紹介をさせていただきますので、
今後とも何卒宜しく御願い申し上げます。m(__)m
posted by 夢女将 at 18:05| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。