2006年09月20日

今月の「いかがで酒の会」のお酒。

ikaga9.jpg
 台風のフェーン現象も治まり、少し秋めいた風が吹いている新潟です。
そんな新潟から毎月選りすぐりの新潟の地酒をお届けする頒布会が「いかがで酒の会」です。
 酒の新茶屋がこの頒布会を始めてからすでに10年以上を経過しています。その間沢山の新潟の銘酒を楽しんでいただいています。
 毎月3,700円(送料、税込み 本州のみ 九州北海道四国は4,100円)で楽しめる地酒頒布会です。
 そして今月のお酒をご紹介します。
まずは、地元柏崎の蔵元原酒造鰍ゥら届いた「銀の翼 雪囲い貯蔵酒」と、
旬のお酒「越路吹雪 吟醸ひやおろし」(新潟市:高野酒造梶jの四合瓶2本セットです。
 どちらも本数限定の旬のお酒です。頒布会のご入会は来月からになります。頒布会の詳しいご案内希望の方はメール kura@oumigawa.com
までお問合せ下さい。勿論お電話0257-26-2522でもOKです

ただし、ご入会は20才未満の方はできません。
posted by 夢女将 at 16:34| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

山廃仕込みの住乃井の蔵からひやおろし入荷!

subaru.jpg
 台風一過は普通晴天になるのですが、昨日の暑さとは裏腹に曇り空の一日です。
 ですが季節は一日一日と秋の気配が漂ってきます。
日本酒・・・美味しくなったでしょう?日本の四季に合わせて日本酒は旬のお酒があるのを知っていましたか?
 夏の暑さがひとつ落ち着いてホッとする時期にでるのが「ひやおろし」です。
 今日はそんなひやおろしのひとつをご紹介します。
 住乃井酒造の純米吟醸「寒昴(かんすばる)」です。
このひやおろし、新潟の蔵では唯一山廃仕込だけを極めた蔵からのお酒です。
 しっかりとした味に季節のまろやかな味わいが加わって一層味がのっています。ちょっと大人のこだわり酒といったところです。
■アルコール度 16度台
■精米歩合 50%(麹米/掛米)
■価格 720ml 1680円 
 
※20才未満の方はお酒の購入はできません。
posted by 夢女将 at 16:29| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

純米大吟醸の「ワンカップ」で乾杯!

turudaicp.jpg
 ワンカップが人気になっています。以前はワンカップといえば「呑んべの親父」のイメージが強かったですよね。
 ところが、昨年来のワンカップブームでちょっと事情が変わってきています。ワンカップという手軽さが今若い年代の日本酒ファンに新しい飲み方を提案しているようです。
 ワンカップは今まで清酒やせいぜい本醸造くらいでしたが、最近は驚くほど種類もレベルも高いお酒が増えています。
 特にラベルもユニークなものがあったり、中にはワンカップで日本酒制覇なんてツワモノもいるようです。
 ラベルといえば越後鶴亀の蔵元、上原酒造鰍ウんのラベルは芸術といえる作品です。飲んでよし!並べてよし!酒の新茶屋の商品棚に並ぶ数多いワンカップコーナーでもひときわ目立っています。
 このラベルも一色でシンプルな仕上がりながら実に質の高い深みのあるデザインで私の好みです。
 お酒は精米歩合40%の純米大吟醸!ちょっと嬉しく目出度い日なら、純米大吟醸ワンカップで乾杯!なんて贅沢もいいですね。
 純米大吟醸 越後鶴亀 180ml 830円
 アルコール度数:16度以上17度未満の辛口です。

※20歳未満の方はお酒の注文は出来ません。
posted by 夢女将 at 22:04| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

新潟54酒販店の県内限定酒「越乃白銀」

hakugin1.jpg
 新潟県内には90あまりの酒蔵があります。その中でも更に数多い銘柄の日本酒が品質を競って新潟の酒は全国レベルでも高い評価を得ています。
 その中で、県内54の酒店が力を合わせ蔵元「高野酒造梶vの協力を得て県内限定で販売している銘柄が「越乃白銀」です。
清酒 1800mlで 1,700円の価格で提供できるお酒にも限界があります。その限界をクリアして。吟醸酒を毎日の晩酌に!という方には特にお薦めです。
原料米はすべて県産五百万石を使用して、精米歩合は60%。日本酒度+6の辛口酒。特別本醸造は大吟醸フレンドで1800ml 2,100円。
 更に今年の分は終了いたしましたが、大吟醸は鑑評会出品酒で2,600円。当店では日本酒には興味が無いと言っている若い男性層に試飲をしていただくと以来日本酒ファンに変身するというカリスマ酒です。
 
※20才未満の方へのお酒の販売は致しません。
posted by 夢女将 at 22:36| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

旬の酒「お福正宗 ひやおろし」入荷!

ofuu.jpg
 今年一番早い「冷や卸し」が長岡市のお福正宗酒造鰍ゥら入荷しました。
搾られたばかりの特別純米酒をそのまま生原酒のまま瓶詰めしてそのまま秋口まで待って熟成。
 それを風味を壊さないように丁寧に瓶火入れした後に出荷しました。
原酒ならではの米本来のコクとまろやかさが特徴です。
秋の虫の音を聴きながらゆっくり行く夏を惜しみながらどうぞ。
冷やしてお召し上がりください。

お福正宗 冷や卸し 特別純米熟成原酒・精米歩合:60% ・日本酒度:+5 ・原料米:五百万石 ・軟水仕込み水
  1800ml 2,600円 720ml 1250円

※20歳未満の方のお酒の注文はできません。
posted by 夢女将 at 22:01| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

純米吟醸 越乃鹿六(こしのかろく)入荷!

karoku.jpg
 グルメ漫画といえば「美味しんぼ」ですね。
その中で紹介された「越乃鹿六」です。5つの名水の郷といわれる五泉市の蔵元でジックリと醸され、やわらかく気品のある呑み口がお料理の素材の味をひときわ引き立たせます。料理もお酒もどっちも絶対譲れないというグルメにお薦めです。
 日本酒度:+5 原料米:五百万石 精米歩合:55% 
 アルコール度数:16〜18度 醸造元:近藤酒造
 価格:1800ml 2,835円  720ml 1,525円

※20才未満の方へのお酒の販売はいたしません。
posted by 夢女将 at 16:49| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

新潟の焼酎「舞夢(まいむ)」

maimu.jpg
 焼酎の人気は相変わらずですね。最近ちょっと品薄気味だった焼酎が今日入荷しました。
 清酒「吉乃川」で県内屈指の歴史をもつ長岡市の吉乃川鰍フ発売している「舞夢」。
 商品棚に並べたところを撮ってみましたが、透明瓶のため思うような画像にならずちょっとガッカリですが、実物は青いクラシカルな商品名が洒落た角瓶です。日本酒吟醸蔵の焼酎だけあってとてもまろやかな味です。
 「舞夢」(まいむ) 焼酎甲類 25度 720ml 800円

※20才未満の方への販売はいたしません。
posted by 夢女将 at 12:12| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

秋の気配にひとしおの日本酒「吟田川(ちびたがわ)」

tibi.jpg
 少しずつ日本列島も灼熱の季節からようやく秋へと移り変わろうとしています。
 <秋>といえばやっぱり日本酒の季節ですね。
酒どころ新潟では、今の季節は刈り入れの季節でもあります。黄金の稲穂の絨毯の美しさも格別です。
 上越市柿崎区「代々菊醸造梶vはそんな穀倉地頚城平野の中にある小さな酒蔵です。
 近くの名水「吟田川」を仕込み水に、自家田の酒米で個性ある地酒を醸していてます。
 名前は?何と読むか・・・まず最初から正しく読める人はいないはずです。
ちびたがわ」といいます。一度覚えたらまず忘れることの無い名前でしょ。
 新潟らしい淡麗辛口ながらもその水の旨味がこの酒の呑み飽きせず、流離の味が一ラックアップする特徴あるお酒なのです。
 そして、ご覧ください。ラベルちょっと違いますね。以前は手書きで一枚一枚ラベルを書いていたそうです。微妙に違うそのラベルが好評で今でもこうして違うラベルを使っているのです。
 大地の芸術祭を訪れた外人客が、このラベルを見て「これこそアートだ」と、言ったとか・・・
 この夏、酒の新茶屋での売り上げ人気bRに入っています。
 
吟田川 特別本醸造 1800ml 2,100円 720ml 1,150円

※20才未満の方へのお酒の販売はいたしません。



 


posted by 夢女将 at 13:19| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

芸術の秋に・・・アートな日本酒「清泉」

uiki.jpg
 今年の夏の新潟の話題といえば、十日町を中心とした3年に一度のアートの祭典「大地の芸術祭」。
 私も一日だけ行ってきました。その会場ので目にしたタイトルデザインにドコか見覚えが・・・
 当店で何時もめにしている清酒「清泉」の酒ラベルのデザイナー浅葉克己氏のものでは有りませんか。
 清泉が永い間使用した昔ながらの酒ラベルを一新してこのアートなラベルにした当時は賛否両論入り乱れたものですが、これからの日本酒の未来を象徴する爽やかなラベルに見入ってしまいます。
 「清泉 雪」は、そのラベルのイメージどおり、ドコまでも澄んだ味わいが特徴のお酒です。(1800ml 1,700円 醸造元:久須美酒造梶j
 蔵元は、漫画「夏子の酒」のモデルになった酒蔵として余りにも有名。
蔵の「亀の尾」は幻の酒として酒通では知らぬもののない銘酒です。
 
posted by 夢女将 at 16:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

秋の夜長はゆったり酒「越の白鳥 吟醸」

hakutyou.jpg すっかり朝晩は秋の気配です。夜ともなれば草むらで虫に合唱がうるさいほど・・・皆様の地方はどうですか?
 少しずつ夜が長くなり、落ち着いて読書やDVD映画鑑賞など楽しめる季節になります。
 そんな時にはゆったり日本酒ですね。
吟醸 越の白鳥」は酒の新茶屋から車で約30分の上越市山間部の小さな酒蔵の極少量づくり数量限定のこだわりの酒です。
 当店のオリジナル酒 純米吟醸 青海川に、山田錦40%精米の大吟醸をブレンドしてあります。豊なな味わいで咽喉元を滑らかに潤していく呑み心地は料理との相性抜群です。冷やしてどうぞ。
 アルコール度数:15.5% 日本酒度:+2 
 醸造元:第一酒造梶@上越市浦川原区
 価格:720ml  1,700円

※20才未満の方へのお酒の販売はいたしません。
 
 
ラベル:日本酒 吟醸
posted by 夢女将 at 12:58| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。